「米国は猿」…“神のお告げ”ものともせず暴言再発

暴言を繰り返してきたフィリピンのドゥテルテ大統領が今度はアメリカを「猿」呼ばわりしました。ドゥテルテ大統領は先週、暴言を封印すると宣言したばかりでした。

フィリピン、ドゥテルテ大統領:「2万6000丁の銃を買おうとしたが、(アメリカは)売ろうとしなかった。あの猿どもを見ろ、げす野郎が」


Sponsored Links


アメリカ国務省はフィリピンの過激な麻薬撲滅作戦を懸念して、フィリピン警察に銃を販売する計画を中止しました。この決定にドゥテルテ大統領がアメリカを激しくののしりました。また、ロシアと中国からなら銃を買えると述べました。ドゥテルテ大統領は先月27日に日本から帰国する飛行機の中で神のお告げを聞き、「暴言をやめる」と宣言していました。


Sponsored Links


–http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_international/articles/000086976.html