料理、洗濯は夫、掃除は業者…観月ありさが「16億円豪邸生活」で失った“代償”

2015年3月に、建設関連会社代表取締役社長・青山光司氏と結婚した観月ありさ。青山氏は、年商約150億円のグループ企業を率いるトップとあって、婚約指輪は1億円越え、結婚指輪に至ってはシャネルの特注品といわれ、そのお値段は3億円とも5億円とも伝えられている。観月にとっては“超セレブ婚”となった。

それだけではない。今度は新居の建設だ。その場所は、都内の高級住宅街の約600平米の敷地に建てられる予定。3階建てで、延床面積は約900平米。総額16億越えの豪邸と言われている。
“なんとも羨ましい限り”この一言で終わるはずの話だった。だが、今年7月22日に放送された「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で新婚生活の様子を赤裸々に語ったことから様相は一変した。


Sponsored Links


“食事はお手伝いさんか、ほぼ外食”、“掃除はプロにお任せで、洗濯は夫任せ”など、家事の一切をしないと発言。これには「羨ましい」を通り越して「この夫婦、お金は腐るほど持ってるけど品はない」「青山と結婚して確実に好感度下がっちゃった」「これでもう、『サザエさん』のような庶民派ドラマはできないね」など、イメージは悪くなる一方だ。
芸能ジャーナリストは「家事をしない女優は少なくない」と、前置きして続ける。

「有名なところでは岩下志麻ですが、彼女は庶民派じゃないですからね。でも、観月はCMやドラマにしてもアットホームな庶民派の役が多い。お金持ちアピールは、現在流れている鍋のCMやサザエさん役にはそぐわないと思います」
神田うののように“セレブ生活”を前面に押し出し過ぎて、反感を買わないように。“口は禍の元”を忘れないでほしい。


Sponsored Links


–http://www.asagei.com/excerpt/69876

この記事が気に入ったら『いいね!』してね