20年前に好きだった女性がFacebookの「もしかして知り合い?」機能で現れた結果

投稿:M.K(仮名)
20年前に好きだった女性がFacebookの「もしかして知り合い?」機能で現れた結果

Facebookの「もしかして知り合い?」機能で、高校の頃に
ずっと好きだった女性が紹介されてきた。もう20年近く経つのに
プロフィール写真は相変わらず、というか以前にも増して綺麗だった。
早速友達申請したら「○○君!?懐かしい!」と快諾。

その後、お互いのタイムラインを見て書きあったり、チャットしたり
してるうちに、お互いがバツイチだということを知り、その親近感から
つい「高校の頃、○○さんのこと好きだったんだよね~」と
言ったら「うそぉ!」と反応があって、その後で「実は私も気になってたんだよ」と
思わぬ告白。漫画みたいに「ひゃっほう!」と叫んでしまった。
その後、話はトントン拍子に進んで会うことに。


Sponsored Links


そして当日、出会った彼女は、プロフィール写真から20歳くらい歳を取ったような
感じで、実際、使ってた写真は10年くらい前のものらしく、タイムラインに投稿した
写真もベスト中のベストを厳選した上、加工して投稿していたような感じだった。
何より驚いたのは法令線。コントのメイクみたいにクッキリと出てた。離婚後は
ストレスでお酒をたくさん飲むようになって太ったとのこと。百年の恋も冷めたとは
まさにあの瞬間だった。

まあ、そこからは落ち着いた大人の恋が始まって、来春に結婚予定。


Sponsored Links


thumb

Share Button
この記事が気に入ったら『いいね!』してね