スマスマ最終回26日は5時間!「20年9ケ月全てお届けします」

今年末で解散するSMAPの冠番組「SMAP×SMAP」(フジテレビ系、月曜・後10時)が、26日に最終回を迎えることが5日、同局から正式発表された。午後6時30分から同11時18分まで約5時間の大型特番になる。

この日放送された番組冒頭、テロップで「SMAPと共に歩んできた20年9ケ月のスマスマ全てを、存分にお届けします」と流された。920回目の放送となる。最終回は3週間後。内容について、同局は「調整中」としたが、番組は長時間に及ぶため、すでに大枠で構成を組み立てながら、生放送という“最後の一手”を調整している。


Sponsored Links


先月25日には、同局の亀山千広社長が定例会見で「SMAPの5人にも納得してほしいし、見ている人にも『SMAPありがとう』と言ってもらえるようにしてほしい」と語った。当然、メンバーが生声を発することを大前提に考える。今年1月に独立・分裂騒動が持ち上がる前の2013年9月の特番では名物コーナー「ビストロSMAP」を含め全編生放送だったこともあった。

また、出場歌手に名前がなかった大みそかの紅白歌合戦も、NHKは「最後まで待つ」とギリギリまで交渉を続けていく姿勢。スマスマも同様。どちらも、最終的に決断するのはメンバー5人だ。


Sponsored Links


1日の収録では5人そろって「世界に一つだけの花」を歌い、今後も最終回に向けた収録が予定されている。現時点では、スマスマが5人そろった最後の仕事になることは濃厚だが、NHK、フジテレビとも“回答”を待っている状態。グループの成長とともに、20年続いた長寿番組。最後の花道を飾るためには、5人そろって生放送で感謝の言葉を発する以外なく、ファンもそれを望んでいる。
–http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161206-OHT1T50028.html

Share Button

この記事が気に入ったら『いいね!』してね