韓国次期大統領 「日本は敵 当然、北朝鮮と同盟を組む 協力して日本と戦争することになるだろう」

「韓国のトランプ」が日本批判 「侵略の意思あらわ」

韓国の次期大統領選に名前が挙がる最大野党
「共に民主党」の李在明(イジェミョン)・城南市長が27日、

外国メディアを対象に記者会見し、
日本について「(朝鮮半島を)武力で侵攻、
占拠した侵略国家だ」と述べた。

日本が竹島(韓国名・独島(トクト))の領有権を主張していることについては「侵略の意思をあらわにしている」と指摘するなど、日本批判を繰り広げた。


Sponsored Links


李氏は日本について、「今の態度からみると、軍事的に敵対性が完全に解消されたとはいえない」と説明。日韓が11月に結んだ「軍事情報包括保護協定」(GSOMIA)も撤回するべきだとの考えを示した。

一方、北朝鮮問題をめぐっては「(金正恩委員長と)当然、会わなければならない」と述べ、南北首脳会談の必要性を強調。これまでの北朝鮮政策を大幅に見直す考えを示した。

kr


Sponsored Links


-http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161227-00000100-asahi-int&pos=5

Share Button
この記事が気に入ったら『いいね!』してね