「100万分の1」の双子の赤ちゃん生まれる アメリカ・テキサス州

「100万分の1」の確率だという。

アメリカ・テキサス州で生まれたこの男の双子の赤ちゃんは、
お兄ちゃんが「大みそかの夜」に、弟が「元日の未明」に生まれた。

双子の出産が日付をまたぐことはよくあることだが、
年をまたぐのは、100万分の1の確率でしか起こらないという。

出産予定日は1月20日だったが、


Sponsored Links


兄は自然分娩(ぶんべん)で、
弟は帝王切開で無事に生まれ、
両親は、「誕生日は別々にお祝いするつもりだ」と、

奇跡の双子の誕生に、目を細めていた。

akachann


Sponsored Links


-https://www.houdoukyoku.jp/clips/CONN00346097

Share Button
この記事が気に入ったら『いいね!』してね