中国の新幹線が想像以上にヤバいことに・・・

中国の光化学スモッグ地帯で白い新幹線を走らせた結果

chinashinkansen

毒スモッグの中を徐州から北京に着いた新幹線「和諧号」…、中国の「和諧社会」のシュールなシンボルのように見えるw

本来、白く塗装された車体が目を引く中国の高速鉄道車両だが、2日に北京南駅に到着した上海発の列車は黒っぽい汚れが全体に付着。この列車は途中、重度のスモッグに見舞われた華東、華北エリアを経由して来たが、雨水で汚れを落とす機会はなかったという。


Sponsored Links


同メディアによると、時速200キロ以上で走行する列車同士がすれ違う際に生じる空気圧で強い気流が発生し、これによって大気中の微小物質が車体に付着するという。

|ネットの反応|

「汚し系か!」
「会社のヤニ部屋かよってくらい汚れてんな」
「戦闘でもしたの?」
「貴重な和諧号が」
「スチームパンクみたいでカッコイイと思う」
「スチームパンクだなw」
「劇場版アニメとかでありそう」
「地獄に連れてかれそう」

「あんな色で塗るからだ
中国の鉄道車両はすべからくダークグリーンと決まっている
高速列車も深緑色に塗りなおせば問題は解決する」


Sponsored Links


Record china 配信日時:2017年1月5日(翻訳・編集/野谷)
-http://www.recordchina.co.jp/a159964.html

Share Button