NHKが21人処分、受信料着服やタクシー券不正

NHKが21人処分、受信料着服やタクシー券不正

NHKは、
横浜放送局の40代の男性職員が50万円余りの受信料を着服していた問題を受け、

上司にあたる営業部長ら10人を訓告などの処分にしました。

着服した職員は、内部調査の最中に死亡したことから、
処分の対象には含まれていません。


Sponsored Links


一方、福島放送局の20代の男性記者が業務用タクシーチケットを
不正に使用していた問題では、男性記者を停職2か月の処分としました。

一連の不祥事による処分者の数は21人に上ります。


Sponsored Links


-https://gunosy.com/articles/abn9J

Share Button

この記事が気に入ったら『いいね!』してね