稀勢の里の「横綱」昇進、ガチでおかしいと判明

稀勢の里の「横綱」昇進、ガチでおかしいと判明

貴乃花→全勝優勝でも横綱になれず
稀勢の里→1回優勝しただけで満場一致で横綱に

第72代横綱の誕生が確定した。日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会(横審)は23日、東京・両国国技館で定期委員会を開き、同協会から諮問された大関稀勢の里(30=田子ノ浦)の横綱昇進問題について審議。満場一致で推薦することを決めた。

この答申を受け、同協会は25日午前9時から開かれる大相撲春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)番付編成会議後の臨時理事会で、稀勢の里の横綱昇進を正式決定する。


Sponsored Links


日本出身の横綱誕生は1、998年夏場所後の3代目若乃花以来19年ぶり。03年初場所の貴乃花(現貴乃花親方)を最後に途絶えていた、日本出身横綱が14年ぶりに復活する。

3月の春場所は鶴竜(31=井筒)、日馬富士(32=伊勢ケ浜)、白鵬(31=宮城野)のモンゴル勢に加えて、17年ぶりに4横綱となる。

平成以降の横綱、昇進時の優勝回数

旭富士…3回目
曙…3回目
貴乃花…7回目
若乃花…4回目
武蔵丸…5回目
朝青龍…2回目
白鵬…3回目
日馬富士…4回目
鶴竜…1回目
稀勢の里…優勝1回


Sponsored Links



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-01769241-nksports-fight

Share Button