中国国家観光局、代理店にアパホテルのボイコット呼び掛け

中国国家観光局、
代理店にアパホテルのボイコット呼び掛け

中国国家観光局(CNTA)は、アパホテルの客室に同社代表の執筆による南京事件を否定する書籍が置かれていることにからみ、旅行代理店にアパホテルとの関係を断つよう要請した。

問題となっているのは、アパホテルの元谷外志雄代表が「藤誠志」のペンネームで執筆した「本当の日本の歴史 理論近現代史」。「いわゆる南京虐殺事件が中国側のでっちあげであり、存在しなかったことは明らか」などとしており、同社のホテル400軒以上の全客室に置かれている。


Sponsored Links


国家観光局の広報担当者であるZhang Lizhong氏は24日、中国人観光客に対するアパグループの「挑発行為」であると非難。「海外旅行の代理店やオンライン旅行サイトすべてに対し、このホテルとの協力を完全に中止するよう要請する」との声明をウェブサイトに掲載した。さらに「中国人団体や多くの観光客に対し、アパの不当な取り組みに抵抗するため日本を訪問し、このホテルにまったくお金を落とさないよう求める」と呼び掛けた。


Sponsored Links


参考:[上海 24日 ロイター]
-http://jp.reuters.com/article/japan-china-hotel-idJPKBN1580U4

Share Button