ハンカチ王子こと斎藤佑樹(28)さん、かつてのフォームを取り戻そうとした結果

ハンカチ王子こと斎藤佑樹(28)さん、
かつてのフォームを取り戻そうとした結果、
ケビン山崎の操り人形みたいになる

日本ハム・斎藤“ごまかし投法”決別の時 ケビン山崎氏指導の矯正でかつての栄光を
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00000016-ykf-spo

「ウウッ、クッ!」

ほんの数十秒のトレーニングで額から汗が噴き出し、苦しげな声を漏らす。
声の主は日本ハム・斎藤佑樹投手(28)だ。

『バーサ・プーリー』というコードを身につけ、自分が引っ張った力と
同じ力で引き戻される特殊なマシンで股関節を使った力の伝え方を学び、
『ケトル・ベル』というダンベルを使ったトレーニングで投球の際の肩胛骨や肩の位置の矯正を行った。


Sponsored Links


一連のトレーニングでびっしょりと汗をかいた右腕は
「股関節のケガがあって、重心が高く前に体重が乗らないフォームになっていた。
そこをずっと変えたいと思っていました。変わってきている実感はあります」
と力強く言い切る。

『ネットの声』

斎藤は「もう後がない。結果が大事」と語気を強め、
今月中旬に千葉・鎌ケ谷市の2軍施設でブルペン入りした際には145キロをマークし
異例の仕上がりの早さで意気込みを示している。

大学2年時からの9年間の“ごまかし”に別れを告げ、
往年のしなやかさを取り戻せるか。

ごまかす期間が長くないですかね
言い訳のネタ少なくなってきたな
9年のごまかしを数ヶ月で取り戻せるかアホ


Sponsored Links


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00000016-ykf-spo

Share Button

この記事が気に入ったら『いいね!』してね