蓮舫氏が過去記事で稲田氏を追及するブラックジョーク「女の対決」

蓮舫氏が過去記事で稲田氏を追及するブラックジョーク

産経新聞は面白がって「レン砲炸裂」などとタブロイド紙ばりに報じていたが、蓮舫氏が昨日の予算委員会で、稲田防衛相を所管外の政策で、あからさまに狙い撃ち。男女共同参画を巡って、稲田氏が10年前に雑誌の対談で保守的な家族観を示す発言をしたことをあげつらい、安倍政権の女性活躍推進との齟齬を追及する構えを見せた。


Sponsored Links


一応、一次情報を少しでも確認しておこうと、国会サイトにアクセスしたが、残念ながら、即日では速記の議事録が国会のサイトにアップされておらず、動画で二人のやりとりを確認した。「女の対決」のあらかたは、上記記事を読んでもらえればわかるが、審議の途中、何度も民進党の議員数名が委員長席に詰め寄って中断もあったほどの小波紋を呼んだ。

蓮舫氏としては、稲田氏がかつて「夫も家事をすべきだと陣頭指揮するのは別の意味で押しつけで、ある種のファシズムだと断定した」という旨の発言をしたことなどを指摘することで、内閣の一員には本音では女性活躍推進に消極的なメンバーがいることを強調するつもりだったのだろう。
見逃していたが、蓮舫氏は昨年の秋にも同様の“手口”を使って、稲田氏と過去記事の矛盾を追及している。


Sponsored Links


続き「こちら

Share Button