民進・松原都連会長、蓮舫代表の発言も「離党の一因」と指摘

民進・松原都連会長、蓮舫代表の発言も「離党の一因」と指摘

*****

蓮舫代表の発言が、離党を招いた要因の1つだと指摘した。

民進党の松原東京都連会長は、
「蓮舫代表が(小池都知事の)『希望の塾』にどんどん通っていいですよということを言ったことも、1つのきっかけになっている」と話した。


Sponsored Links


民進党の松原東京都連会長は13日、記者団に対し、
元都議会議員2人が離党届を提出し、
小池都知事を支持する地域政党「都民ファーストの会」
の公認候補になったことについて、
蓮舫代表の発言が要因の1つだと指摘した。

これに先立ち、都連の常任幹事会で、離党届の扱いについては、
元都議2人に支給した活動資金を返還させたうえで、党本部と対応を協議していくことになった。
総支部長会議では、厳しい処分を求める意見も相次いだ。


Sponsored Links


-https://www.houdoukyoku.jp/clips/CONN00349717

Share Button
この記事が気に入ったら『いいね!』してね