逮捕の孫、年金支給日のたびに金を無心

逮捕の孫、年金支給日のたびに金を無心

===

89歳の祖父を殺害し、現金を奪った疑いで27日に逮捕された孫の男は、年金の支給日が来るたびに、祖父に金の無心をしていたことが、新たにわかった。

28日に送検された山本裕也容疑者(23)は2月15日、
東京・調布市の都営団地で、
祖父の山本一夫さん(89)をはさみで突き刺すなどして殺害し、
現金2万3,000円を奪った疑いが持たれていて、容疑を否認している。


Sponsored Links


警視庁のその後の調べで、犯行当日は、一夫さんの年金支給日で、
山本容疑者は、支給日のたびに一夫さんのもとを訪れ、
金の無心をしていたことが新たにわかった。

一夫さんの知人は、
「お金が足りなくなると、山本さんに頼りに来たり、せびりに来て大変だって言ってて」と語った。

警視庁は、一夫さんの年金を狙った犯行とみて調べている。


Sponsored Links


-http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00008030-houdouk-soci

Share Button