今村雅弘復興大臣が記者に暴言「許さんよ絶対」「もう来ないでください」「うるさい」自主避難者の住宅支援の質問に

今村雅弘復興大臣が記者に暴言「許さんよ絶対」「もう来ないでください」「うるさい」自主避難者の住宅支援の質問に

********************

記者とのやりとりで、少しずつ言葉が荒くなっていって・・・・・・

復興庁の今村雅弘大臣(70)が、記者会見の場で記者に何度も質問をされ追及された結果、暴言を放ったとして物議を醸しています。

質問は、東日本大震災の原発事故における自主避難者の住宅支援について。先月末で支援が打ち切られたことについて質問がありました。

約7分間における記者とのやりとりの中で、今村大臣がだんだんと言葉を荒立てていく様子が動画でわかります。

ネットでは、今村大臣の暴言が物議を醸しています。ただ質問した記者と「どっちもどっち」という意見もあるようです・・・・・・

動画によれば、

・自主避難者への支援継続などについて記者から質問があった。質問の趣旨は、「原発は国策としてやってきた。自主避難者への支援は国の責任ではないか」というもの

・今村大臣の答えは「支援は被災者に身近な福島県に窓口をお願いしている。国は福島県をサポートする」というもの

・ただ、記者は「福島県を通すのではなく、国がやるべき。大臣は、なぜ自主避難者が帰れないのかご存じないのでは」との考えで追及

・今村大臣は「いろんな事情を抱えながらも帰った人もいる。それぞれの人の判断でやるべき」との考えで意見が食い違った

・そんなやり取りの中で、記者が「帰れない人はどうするんでしょうか?」と聞いたところ、今村大臣は「どうするって、それは本人の責任でしょう。本人の判断でしょう」と返答。記者が「自己責任だとお考えですか?」と質問したところ、「基本はそうだと思いますよ」などと回答し「裁判だ何だでもやればいい。国としてはできるだけのことはやった」などとも発言した

・記者がさらに食い下がろうとしたところ、今村大臣は「ちょっと待って下さい。あなたどういう意味でこういうことやるのか知らないけど、ここは論争の場ではありませんから。あとで来てくださいよ。そんなこと言うんだったら」と、後で招待する意向(?)を示した

・ところが記者が「責任持って回答して下さい」と発言したところ、今村大臣は声を荒げ、「責任もってやってるじゃないですか!なんて君は無礼なこと言うんだ!ここは公式な場だよ。なんで無責任だって言うんだ!」と机をたたきながら発言


Sponsored Links


・記者が「ですから」と発言すると、今村大臣はペンで記者を指し「撤回しなさい!!」と大声で述べた。記者が「撤回しません」と言うと今村大臣は「しなさい!!出ていきなさい!!もう二度と来ないで下さいあなたは!!」と発言

・記者が「これは記述に残して下さい」と発言すると、今村大臣は「どうぞ。こんなね、人を誹謗することは許さんよ。絶対」と述べ会見を終了した

・記者が会場を後にする大臣に対し「避難者を困らせているのはあなたです」と言うと、今村大臣は「うるさい!!」と発言した

今村雅弘さんは佐賀県生まれ。東大法学部卒。国鉄、九州旅客鉄道を経て1996年に自民党公認で衆院選に出馬し当選。以後当選7回。直近は比例九州ブロック。

国土交通政務官、外務政務官、農水副大臣などを歴任。昨年8月に「復興大臣兼福島原発事故再生総括担当」として初めて大臣となった。

今年1月には福島の復興について「マラソンに例えると30キロ地点」などと発言し、福島県知事に「まだスタートラインに立っていない地域もある」などと反論された。

また、トランプ大統領や小池百合子都知事もよく使う「◯◯ファースト」という言葉を用い、「フクシマ・ファースト」と発言したが、「福島第一(ファースト)原発を想起させる」として物議を醸した。

東電株8000、九電株4000を持つと報じられた。

ネットでは、そんな大臣の発言が話題に。

「こういう不遜な態度は大臣の職の内容からしたから不適切だよね」

「ネクタイ、エヴァかよ。アニメを政治利用するなとか言わんの?」

「こんな奴が復興大臣だと? こんな奴がいたら復興もクソもねえわ」

などという批判の声があがっています。

一方で、質問した記者に対する批判や「どっちもどっち」だという声も。


Sponsored Links



-http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/49800955.html

Share Button

この記事が気に入ったら『いいね!』してね