松本人志、美人学者の指摘に狼狽!?

松本人志、美人学者の指摘に狼狽!?
===

4月16日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志(53)が米ユナイテッド航空の乗客引きずり降ろし事件に言及。

オーバーブッキングの解決策を提案するも、ゲスト出演した国際政治学者の三浦瑠麗氏(36)からあきれられる場面があった。

 この日の番組では、4月9日、米ユナイテッド航空が、自社の飛行機に職員4人を搭乗させるために、コンピューターで客席に座っていた乗客の中から4人を無作為に抽出し、降機を拒否した男性を強制的に引きずり降ろした事件が取り上げられた。

 松本は「僕思うんですよ、CA(客室乗務員)をやったらいいんですよね、この職員が。CAのサービスをちゃんと訓練しといて、こういうときは、こいつらがCAをやったらいいんですよ」と、持論を展開した。


Sponsored Links


 この松本の主張について、MCの東野幸治(49)から意見を求められた三浦氏は「間違っているんじゃないですか」と苦笑い。松本はさらに「パイロットの横とかに、座られへんのかいな、最悪の場合。

二人ぐらいならいけるでしょ」と新たな提案をしてみせたが、三浦氏は「なんでいつも、ちょこちょことそういう解決策を求めるんですか?」と、笑いながらあきれていた。この三浦氏の反応に、松本が「そういう役目やもん!」と開き直ると、出演者たちから笑い声が起こっていた。

「新進気鋭の女性学者として知られる三浦瑠麗氏が、番組初登場にもかかわらず鋭いコメントを連発したことで、見応えのある内容になりました。

社会学者の古市憲寿氏(32)のような、率直な発言をするコメンテーターとして三浦氏の今後の出演は十分にあるでしょう。松本との舌戦をぜひ見てみたいですね」(芸能誌記者)――今後に注目!


Sponsored Links


-http://dailynewsonline.jp/article/1303353/

Share Button
この記事が気に入ったら『いいね!』してね