水卜アナ、アンチのバッシングに苦悩「引くぐらい傷つく。耐えられない」

日本テレビの水卜麻美アナウンサー(30)が、21日に放送された同局系バラエティ番組『ニノさん』(毎週日曜12:45~13:15)で、一部視聴者のバッシングに悩んでいることを打ち明けた。

この日は、「わかる人にわかってもらえばいい」という橋本龍太郎の生き方を学ぶ企画。水卜アナは、「アナウンサーだからちゃんとしている、

元気にハキハキしゃべるというイメージを持っていただくことはありがたい」と感謝しながら、PCで黙々と作業しているところを後輩社員に目撃され、

「三浦先輩って結構暗いんですね。入社してビックリしました」と言われたことがあったという。

そんな後輩の悪気のない発言を、

「『おはよー!』みたいに何かを食べてるようなイメージで(後輩は)入社しているので、パソコンに向かってるのを見てビックリしちゃったみたいで」と分析。

元気で明るく前向きなイメージが、人々の中に強く残っているのを実感した出来事だった。


Sponsored Links


オリコン調査による「好きな女性アナウンサーランキング」で4年連続1位に選ばれている水卜アナ。俳優の坂上忍(49)は、

「女子アナでずっと何年も1位なわけでしょ? 当然『嫌い』も出てくるからね」と人気者にとっての宿命を話題にし、「微妙に傷ついているんじゃないの?」とその心中を探る。

すると水卜アナは、「はい」と即答。「引くぐらい傷ついています。耐えられないんです」と素直に心情を伝え、「すごくリアルな顔しちゃいました」と照れ笑いを浮かべる。

「だから、どんどん発言も保守的になってきちゃうし、余計なことをしゃべるくらいなら黙っていようと思っちゃうから」とアンチの存在を意識していることを明かし、

「こうやって言いたいことを言えるのはかっこいい」と橋本龍太郎の信念を称賛していた。


Sponsored Links


-http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170522/Cobs_1629826.html

Share Button