野党「女は前!女は前!触ったらセクハラだぞ!議員を入れるな!国会を止めろ!!!」国会で毎回行われる『女の壁作戦』がドン引きすると話題に

野党「女は前!女は前!触ったらセクハラだぞ!議員を入れるな!国会を止めろ!!!」国会で毎回行われる『女の壁作戦』がドン引きすると話題に

**********

また出た「女の壁」作戦! 民進・芝博一幹事長代理は「足を踏むな」と衛視に逆ギレ

「女性前! 女性前!」

 山本順三委員長(自民)の入室を阻止しようと、野党側がまず展開したのは「女の壁」作戦だった。平成27年9月の安全保障関連法の参院審議の際に、男性の衛視が体に手を掛けて移動させることが難しいという理由から用いられた手法だ。

 「壁」の要員として陣取った社民党の福島瑞穂副党首や共産党の吉良佳子参院議員らは「中間報告はんたーい!」
「民主主義壊さないでくださーい!」

などと声を張り上げ、与党の議事運営手法に抗議した。
http://www.sankei.com/politics/news/170614/plt1706140038-n1.html


Sponsored Links


安保法案のときにも同じことをやってる野党

「触るな! セクハラだ!」の警告に鴻池委員長、入室できない状態つづく 元近鉄の石井議員も“冤罪”被害か

参院平和安全法制特別委員会は16日夜、安全保障関連法案の締めくくり総括質疑を行うための理事会を断続的に開いている。

しかし野党側は女性議員を理事会室前のドアに多数配置し、排除しようとする与党議員に「触るな!セクハラだ!」などと抵抗。

事実上、「女の壁」で鴻池祥肇委員長を室内に監禁し、質疑開始を妨害している状態だ。

 理事会室前には、社民党の福島瑞穂前党首や民主党の小宮山泰子、辻元清美両衆院議員ら複数の野党女性議員が、いずれもピンクのハチマキ姿で集結。与党の男性議員が触れるたびに「セクハラを働いた」などと騒いでいる。


Sponsored Links


http://www.sankei.com/politics/news/150916/plt1509160079-n1.html

Share Button
この記事が気に入ったら『いいね!』してね