上原多香子の不倫報道、なぜ元夫の死後3年経ってから? 芸能リポーターが推測

テレ朝系「ワイド!スクランブル」(月~金曜・前10時25分)は10日、「SPEED」の上原多香子(34)の元夫で、

2014年9月に自殺したヒップホップグループ「ET―KING」のTENN(本名・森脇隆宏)さん(享年35)が生前残した遺書に、

上原と俳優・阿部力(つよし、35)のダブル不倫疑惑がつづられていたと、同日発売の女性誌が報じたことを取り上げた。

上原は、今年5月頃から演出家・劇作家のコウカズヤ氏(40)と交際を始めている。夫の死後3年経ってからの報道について、

芸能リポーターは「今年の5月に上原さんの新しい恋愛が(写真週刊誌の)『フライデー』に出た。


Sponsored Links


森脇さんのお母さんはことあるごとに上原さんに『あなたはまだ若いんだから新しい人生を歩みなさい』と言ってきた。

さらに昨年の3回忌で『森脇姓は捨てなさい』と言ったにもかかわらず、上原さんの方が『森脇姓を名乗らせてください』ということ言っていた。

(記事の見出しで)『夫の死から3年 ようやく新しい恋が始まった』と書かれてしまうと、夫の死を乗り越えて恋をしている、というところにお母様はどうしても複雑な思いを抱かれてしまい、糸が切れてしまったのでは」と推測した。

つづき・・・


Sponsored Links


本文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00000143-sph-ent

Share Button