ソウル在住35年の日本人記者 「韓国に関心持っても深入りはするな」

在韓35年の教訓「韓国に関心を持っても、深入りはするな」

日本では8月になると“終戦モノ”といって戦争時代の歴史を振り返る。

終戦の日の15日には天皇陛下が出席される政府主催の記念式典も行われる。

そのコンセプトの基本は「追悼と平和」だが、

日本支配から解放された韓国では15日は祝日で、大統領が出席する政府主催の記念式典があり、マスコミや各種イベントは“反日モノ”でにぎわう。

 映画界など毎年そうだ。今年の話題は2本で、


Sponsored Links


すでに上映中の『朴烈』は、大正時代の日本で皇室テロを計画した無政府主義者の朝鮮人青年・朴烈(21歳!)と内縁の妻・金子文子の話。

反日テロにプラス、当時いわば“翔んでる女”だった日本女性がからむ日韓ラブストーリーだから観客には心地よい?

 ただ映画の冒頭シーンがよくない。アルバイトで人力車の車夫をしていた朴烈が、日本人客から代金を地べたに投げつけられ、「足りない」というと「朝鮮人のクセに生意気だ! さっさと朝鮮に帰れ!」と怒鳴られ、踏んだり蹴ったりの暴行を受ける。

つづき・・


Sponsored Links


本文
http://news.livedoor.com/article/detail/13469979/

Share Button