阪神・藤浪、投手の大瀬良への死球でファン騒然

「阪神-広島」(16日、京セラドーム大阪)

 阪神の藤浪晋太郎投手が相手先発・大瀬良に死球を当て、場内は騒然となった。

0-1の二回1死。大瀬良が打席に入って3球目。

少し離れて立っていたにも関わらず、ボールは左肩口へ向かった。

ボールが当たり、座り込む。広島ベンチからすぐにトレーナーらが駆けつけ、手当を行った。


Sponsored Links


 いったん、ベンチに帰った大瀬良は数分後に走って一塁へ。

京セラドームの半分を埋め尽くす鯉党が怒号を藤浪に浴びせた。

内野手が集まり、右腕に声を掛け、気持ちを落ち着かせて1死一塁から投球を再開した。


Sponsored Links


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000075-dal-base

Share Button