「慰安婦」「徴用工」で不満=要求エスカレートも―韓国大統領

【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は15日、日本の植民地からの解放記念日である「光復節」の演説で、慰安婦や徴用工をめぐる問題について「日本の指導者の勇気ある姿勢が必要だ」と述べた。

 具体的措置には触れなかったが、両問題での日本側の対応に事実上、不満を表明した発言だ。

 日本政府は慰安婦問題に関し「最終的かつ不可逆的な解決」をうたった政府間合意の履行を求め、徴用工問題についても「1965年の日韓請求権・経済協力協定で解決済み」という立場。

文大統領が今後、要求をエスカレートさせることも考えられ、「未来志向の関係発展どころか、関係悪化は避けられない」(日韓関係専門家)と懸念する声もある。


Sponsored Links


 「歴史問題が未来志向の韓日関係の発展にとって障害になり続けることは望ましくない」。文大統領は演説で、歴史問題を安全保障や経済など他の分野と切り離して対処していく「ツートラック(2路線)」戦略を取る立場を明確にした。

北朝鮮が核・ミサイル開発を加速させる中、「共同で対応していくためには関係強化を図らなくてはならない」(文大統領)という判断があるためだ。

=ネットの反応=
今こそ断交。日本人ならみんな異論は無いだろう。
その不満はいつまでたっても無くならないんだから、もうしてあげるのはやめよう。
他国のことばかり避難するけど、ライダイハン問題はどうなったんだ?


Sponsored Links


本文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170815-00000093-jij-kr

Share Button