大阪桐蔭の「最強世代」始動 「山積みの課題がある」

仙台育英に九回逆転サヨナラで敗れ、春夏連覇の道が断たれた大阪桐蔭が、敗戦から一夜明けた20日、新チームの練習をスタートさせた。

「甲子園に行けたのは3年生のおかげ。良いところを学べたのはチームとしてプラスです。

ただ、自分たちはほかの大阪のチームよりもスタートが遅れていて、山積みの課題がある」。午後2時ごろに始まった練習。前日の試合で4番に座った根尾は言った。

 捕手以外のポジションを全てこなせる根尾や1番中堅の藤原、3番一塁の中川、6番三塁の山田に、前日完投した柿木……。2年生には能力の高い選手が多く、「最強世代」の呼び声も高い。

 しかし、中川は「まだ3年生の足元にも及ばない」と言う。


Sponsored Links


 建前ではない。事実、4月に「2年」対「3年」で紅白戦を2試合やると、いずれも3年が大量点を奪って圧勝した。

最速148キロの根尾らが登板しているにもかかわらず、だ。

 3年生にあったのは「一体感」。チームとして全員が日本一という目標に向き、練習から日常生活まで一切妥協しない心の強さがあった。

つづき・・


Sponsored Links


本文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00000061-asahi-spo

Share Button