上西小百合議員 公開生放送「ニコラジ」で月収告白「1900万円」

上西議員、公開生放送で自身の収入「1900万円」と告白

上西小百合衆院議員(34)が21日、動画サービス・ニコニコ生放送の公開生放送『ニコラジ』に出演。

視聴者からの質問コーナーに臨み、月収は「確定申告を終えたばかりで、1900万円」とズバリ答えた。

なお、口にした金額に解釈の違いがあるとして「国会議員の場合、給料と言わずに歳費と言います。何でそう呼ぶかと言うと、例えば、その中に選挙費用があったりします。私たち衆院議員には2、3年に1回、選挙があります。

その都度、2千万円から3千万円ほどの費用が必要。その他にも事務所の運営費用が歳費から出されます。そう言った観点から、言い方が違います」と説明した。


Sponsored Links


その答えに、番組を取り仕切る、やまだひさしは「選挙にそんなにお金がかかるのか。ネットを活用する方法、
会議もスカイプでやったりする方法もあるのでは?」と感想をもらし、納得がいかないとした。

それに対し、事務所をわざわざ構える理由の一つに「(投票に行く年代は)ご年配の方が多い。そういう方々に向けて『ネットを見て』と言えないから」と返した。

その他、余計にお金がかかるものとして「ビラ1枚1枚にシールを貼ったりしないといけない。こういう制度を作ったりするのは、これまで議員だった人が新しい人を入れないようにしているものだと思ったりもする。

こういう『無駄なものがある』って声をあげさせないよう、国が主権者教育を積極的にしない流れになっている」と憤った。

つづき・・


Sponsored Links


本文

Share Button