「財布届けに来た」応対した20代女性を乱暴容疑 大阪市交通局嘱託職員を逮捕

財布を届けに訪れたマンションで女性に乱暴したとして、
大阪府警浪速署は23日、強制性交致傷の疑いで、大阪市交通局嘱託職員の男(26)=同市天王寺区=を逮捕した。

「事実と違う」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、7月13日午前0時20分ごろ、大阪府内のマンションに住む20代女性の部屋を訪問。

「拾った財布を届けに来た」と告げ、ドアを開けた女性の首にナイフを押し当てて室内で乱暴、首などに軽傷を負わせたとしている。


Sponsored Links


 浪速署によると、男が届けたのは女性が実際に落とした財布で、「(財布の中にあった)保険証などを見て女性宅を訪れた」と説明。

訪問した際、自身の名刺も見せていたという。

 市交通局によると、男は昨年4月に同局に採用され、主に不動産の活用や調査を担当。同局は「事実を確認した上で厳正に対処する」としている。


Sponsored Links


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-00000560-san-soci

Share Button