息子とキャッチボール中の父親を金属バットで殴る「ぶっ殺してやる」容疑の少年を逮捕

公園で男性を金属バットで殴り殺害しようとしたとして、

神奈川県警横須賀署は22日、
殺人未遂容疑で、大工の少年(19)=横須賀市=を逮捕した。
「殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は、21日午後6時25分ごろ、
同市大矢部の「腹切松公園」で、園内にいた面識のない自営業の男性(38)の顔などを金属バットで殴り、殺害しようとしたとしている。

男性は顔などに重傷を負った。

 同署によると、男性が長男(9)とキャッチボールをしている最中、
少年が突然、園内に置いてあった長男のバットを手に男性に近寄り、
「ぶっ殺してやる」などと言いながら男性を殴打したという。


Sponsored Links


 自宅に逃げ帰った男性の妻(37)が110番通報。

駆けつけた同署員が付近を捜索していたところ、

現場から約550メートル離れた路上で通報内容と外見の特徴が一致する少年を発見。

同署に任意同行して事情を聴くと、
関与を認めたため逮捕したという。


Sponsored Links


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-00000527-san-soci

Share Button