ハリル監督“大博打”浅野、乾先発!本拠初採用4―1―4―1

◇W杯アジア最終予選B組 日本―オーストラリア(2017年8月31日 埼玉)

 日本代表は31日、埼玉スタジアムでオーストラリアと対戦する。

勝てば6大会連続の本大会出場が決まる大一番で、バヒド・ハリルホジッチ監督(65)が先発布陣を大シャッフルする大博打(ばくち)に打って出る。

インサイドハーフにはMF井手口陽介(21=G大阪)、MF山口蛍(26=C大阪)を併用。

前線にはFW浅野拓磨(22=シュツットガルト)とFW乾貴士(29=エイバル)を起用する見込み。


Sponsored Links


W杯予選のホームゲームで初めて4―1―4―1システムを採用するなど、勝負手を放つ。

公式会見を終えたハリルホジッチ監督は、席を立つと手を叩いて声を張り上げた。「アレ、ニッポン(行け、日本)!」。

会見場を出る際には詰めかけた約150人の報道陣を振り返り「“アレ、ニッポン”と書いておいてください。メディアの皆さんもサポーターになってください」と頭を下げた。11~14年に指揮したアルジェリア代表監督時代には何度もメディアと衝突。来日前はマスコミ嫌いで知られただけに、異例の要請だった。

つづき・・・ こちら


Sponsored Links


本文へ

Share Button