若い女性への嫉妬か 山尾志桜里氏は佐藤ゆかり氏から軽く見られていた?

9月1日に誕生した前原誠司新代表の下で新幹事長への抜擢が内定していた山尾志桜里衆議院議員。

ところが、2日夜に9歳下の弁護士とホテルでの“同宿”(当人たちは否定)が報じられることが発覚し、この人事は流れてしまった。

当初は代表代行へとポストが代わるだけの予定だったが、本人の説明が曖昧だったため、結果的には無役となった。

そして7日夜には離党届を提出するに至った。

7日時点では、議員辞職の噂まで飛び交った。

「今すぐに辞めるのが筋だが、今すぐに辞めれば10月の補選になる。


Sponsored Links


9月16日以降に辞職をすれば補選は4月になるので、本人が再度出馬し禊をすませればよいのではないか」(民進党関係者)。

補選を意識する声は自民党からも出た。

「補選になれば、(比例で復活した)鈴木(淳司)さんも出ればいい。

そして徹底的に戦って、それで勝てなかったら終わりだ」(自民党議員)。

議員辞職の道を選ばず

だが山尾氏の選択は・・・ つづきこちら


Sponsored Links


本文

Share Button
この記事が気に入ったら『いいね!』してね