橋下徹氏、「自民党に対抗できる政党作り」へ小池、前原、松井各代表が「棲み分けの密約を」と提言

橋下徹氏、「自民党に対抗できる政党作り」へ小池、前原、松井各代表が「棲み分けの密約を」と提言

元大阪府知事の橋下徹氏(48)が27日、自身のツイッターを更新した。

 橋下氏は、希望の党の小池百合子代表(65)、民進党の前原誠司代表(55)、
日本維新の会の松井一郎(53)の名前をあげて「長い時間をかけてできあがった怪物自民党に対抗できる政党を作ろうと思えば10年、

20年のスパンで考える必要がある。


Sponsored Links


小池さん、松井さん、前原さんは自分の代ではなく、

次の代で野党の形が見えればいいという気持ちで棲み分けの密約を交わすべき」と提言した。

 その上で「その際にぽんこつガラクタ議員は一掃すべき」とツイートし、自民党に対抗する政党作りへの持論を示していた。


Sponsored Links


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00000090-sph-soci

Share Button