堀江貴文氏 刑務所での生活「放火犯に前歯のインプラントを折られた」

ホリエモン「放火犯に前歯のインプラントを折られ…」 井川意高と語った獄窓対談

懲役4年「井川意高」vs.懲役2年6月「ホリエモン」の獄窓対談(3)
 大王製紙の井川意高元会長(53)とホリエモンこと堀江貴文ライブドア元社長(44)が、ツライ刑務所生活について語った対談。井川氏が収監された「喜連川(きつれがわ)」と堀江氏の「長野」とでは、所内の“顔ぶれ”がだいぶ異なるようで……。

 ***

井川 喜連川には、初犯で懲役10年未満の受刑者が収容されていた。クスリとか、傷害致死もそこそこいました。図書係は出資法違反や詐欺が多くて、闇金とか振り込め詐欺を起こした連中の中堅クラスがいた。仲が良かったのは、振り込め詐欺で懲役8年半の受刑者でした。


Sponsored Links


堀江 それ、なんかいいですね。

井川 そうなんですよ、みんな頭がいいから会話が繋がる。

本文こちら


Sponsored Links


本文へ
http://news.livedoor.com/article/detail/13687406/

Share Button
この記事が気に入ったら『いいね!』してね