立憲民主・枝野幸男氏 序盤の情勢調査ではまさかの大接戦に

【激闘10・22衆院選】枝野氏、まさかの大接戦 選挙プランナーらが分析 首都圏全46区「当落リスト」

10・22衆院選がヒートアップしてきた。

北朝鮮情勢が緊迫するなか、「自公与党vs希望、維新vs共産、立憲民主、社民」の3極激突は、安倍晋三首相(総裁)率いる自公与党が300議席をうかがう勢いだ。

小池百合子都知事(代表)の希望の党は失速気味だが、
個別の選挙区はどうなっているのか。

無党派層が多く、票が読みにくい埼玉、神奈川、
千葉の計46選挙区を選挙プランナーの松田馨氏と、
政治評論家の小林吉弥氏が分析した。


Sponsored Links


「民進党の希望の党への合流構想が出た当初、無党派層の支持を受け、東京・首都圏を席巻すると思われたが、今は見る影もなくなってしまった。

民進党が希望の党、立憲民主党、無所属に分裂したことで、反自民党票を野党同士で食い合う構図となってしまった」

松田氏は、埼玉と神奈川、千葉の各選挙区の特徴をこう分析した。

まず、埼玉5区が壮絶な死闘となっている。


Sponsored Links


http://news.livedoor.com/article/detail/13747984/

Share Button