ビートたけし 唯一勝てないと思った芸人は「明石家さんま」と告白

ビートたけし 唯一勝てないと思ったお笑い芸人は明石家さんま

18日放送の「1番だけが知っている」(TBS系)でビートたけしが、唯一勝てないと思ったお笑い芸人は明石家さんまだと告白した。

番組では、たけしが「魂震えた芸人」を尋ねられ、「明石家さんま」だと答えた。たけしは「テレビの時代では1番すごかった」と語り、

さんまのアドリブと切り返しのすごさに「うわっ、こんなのいるんだ」とショックを受けたという。

1981年、ふたりは「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)で初共演。裏番組のザ・ドリフターズ出演の「8時だヨ!全員集合」(TBS系)は、


Sponsored Links


30%の高視聴率を誇っていた。ドリフがきっちり計算したネタを生放送で披露していたのに対抗し、たけしらは正反対の「いいかげん」でやることに。

たけしは、アドリブが多い「ひょうきん族」では、「明石家さんまには勝てない」「勝とうと思うと番組が終わっちまう」と考え、

「俺がツッコミのほうに回んなきゃ」と決心した。当時のコントでも、たけしは「俺がなんでお前のツッコミに回んなきゃいけねぇんだ」と漏らしていた。

詳細本文へ


Sponsored Links


詳細こちら

Share Button