鈴木杏樹 デビュー当時に救われた浜田雅功の優しさに感謝

ダウンタウン・浜田雅功がデビュー当時の鈴木杏樹を救った優しさ

26日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で、女優の鈴木杏樹が、デビュー当時にダウンタウン・浜田雅功のさりげない優しさに救われていたと明かした。

番組では、「デビュー当時の鈴木杏樹を救った!男前な浜田雅功の優しさとは!?」と題し、ゲストの鈴木がエピソードを披露した。


Sponsored Links


鈴木は1992年にドラマ「十年愛」(TBS系)で浜田と共演していたが、鈴木にとってはデビュー作で芝居が未熟だったため、たびたびメイクが崩れてしまうほど撮影現場で泣いていたのだという。

鈴木が泣くたびに撮影が止まってしまうため、本来は「杏樹待ち」になるのだが、そんなとき浜田は「俺タバコ吸ってくるわ」と現場を離れ「浜田のタバコ待ち」にしてくれていたというのだ。

鈴木は最近になってから、このことを知ったのだとか。浜田が「本当にそうです」「(鈴木は)しょっちゅうスタジオで泣いてましたから」と振り返ると、鈴木は「本当にお世話になったんです」と浜田に感謝の気持ちを伝えていた。


Sponsored Links


http://news.livedoor.com/article/detail/13806205/

Share Button