神田沙也加がマイ・フェア・レディの主役に 悲鳴を上げ泣き崩れる事態に

神田沙也加、悲鳴を上げて泣き崩れる 念願の主役に感無量

****

女優の神田沙也加が25日、自身のアメブロを更新。ミュージカル「マイ・フェア・レディ」の主役イライザ・ドゥーリトルに決定したことを報告し、喜びをつづった。

同作は、ロンドンの下町の花売り娘イライザが、言語学者の特訓を受け、貴婦人に変貌を遂げるストーリー。

日本では女優の大地真央が、1990年から約20年間主演を務めたことで知られる。

神田は「このお話をいただいたのは「キューティ・ブロンド」のお稽古の最中で、マネさんのショートメールを開いた瞬間、悲鳴を上げて泣き崩れる、というプチ事件を起こしてしまいました」と吉報の瞬間を回想。


Sponsored Links


「わたしはこれまで「いつかやりたい役は?」という質問に、「マイフェアのイライザ」と答え続けて来ました」と念願の出演だったことを明かした神田。

「後にも先にも唯一無二の憧れの女優の先輩」という大地の「マイ・フェア・レディ」を何度も観劇しセリフも覚えるほどだったが、

当時は「口が裂けても同じ役をやりたいなんて言えなかったです」と振り返った。

しかし、


Sponsored Links


続き・・本文へ

Share Button