藤澤五月、敗戦後の行動に韓国も賛辞 「心まで美しい」とネット反響

藤澤五月、敗戦後の行動に韓国も賛辞 「心まで美しい」とネット反響

*****

藤澤五月、敗戦後の“ある行動”に韓国も賛辞「心まで美しい」「真のスポーツ精神」

日韓戦で敗れるも…韓国メディア「真のスポーツマンシップを見せた」
 平昌五輪は23日、カーリング女子準決勝で日本は韓国に延長戦の末に7-8で惜敗し、決勝進出ならず。

24日の3位決定戦でイギリスと銅メダルをかけて戦うことになった。
スキップの藤澤五月が涙を流したが、敗戦直後に韓国と健闘を称え合うシーンが話題を呼んだ。
韓国メディアも「真のスポーツマンシップを見せた」と称賛している。

「日本カーリング主将の藤澤五月が涙を流して話した言葉」と特集したのは、韓国紙「中央日報」だった。


Sponsored Links


 記事によると「決勝進出を逃した日本カーリング代表チームのスキップの藤澤五月が涙を流した」と藤澤が悔し涙に暮れたことを紹介。会見で「悔しいのひと言しか言えません」と話し、
試合展開を振り返り、韓国チームを称えたことなどを伝えている。

そして、記事で特筆していたのは、試合後のあるシーンだった。

「藤澤は競技を終えた後、韓国選手たちに近寄って先に握手を求めて、真のスポーツマンシップを見せた」

 このように記している。
延長戦、7-7で迎えた運命の11エンド。
最後のキム・ウンジョンのショットで試合が決すると、沸き立つ韓国の選手たちに向かい、藤澤から握手を求めた。
悔しさを押し込め、素直に健闘を称え合った姿勢を「真のスポーツマンシップ」と表現している。

韓国で人気の藤澤、ネット上で反響「心まで美しい」「小平もそう、人格が素晴らしい」

本文こちら


Sponsored Links


本文へ

Share Button