自宅で家族が急死した場合 絶対に遺体を動かしてはいけない

自宅で家族が急死…!絶対にやってはいけないことは?

*****

今は病院で臨終を迎える人が8割弱と言われていますが、社会保障制度は施設から地域への移行を推し進めているうえ、

病院のベッド数や介護関連施設の数にも限りがありますので、今後は自宅で亡くなる方が増えるのはデータで見ても明らかです。

自宅で大切な人が亡くなってしまった場合、家族はどのように対処したら良いのでしょうか。

かかりつけ医(主治医)がいる場合


Sponsored Links


持病があるなどのケースで、かかりつけ医(主治医)がいる場合は、まずその医師に連絡をとります。基本的には診察後24時間以内に治療に関連した病気で死亡した場合は、改めて診察することなく医師は死亡診断書を交付します。

最後の診察から24時間経過している場合でも、生前に診察・治療していた病気に関連すると判断した場合は、その場で死亡診断書を書いてくれます。

かかりつけ医(主治医)がいない場合
しかし、病院との付き合いが風邪や発熱程度だったり、直前まで元気だったのに突然倒れてしまった場合などではどうしたら良いでしょう?

まだ息があるかもしれないという場合は、119番で救急車を呼び病院に運ぶことになりますね。しかしそこで蘇生せずに残念ながら亡くなってしまった場合、一旦警察が介入することになります。

警察の検視を経て、監察

・・・続き 本文へ


Sponsored Links


本文こちら

Share Button