韓国が米国にSOS、日本が事前に遮断か 対北制裁言及で米国は動きにくく

韓国への輸出規制をめぐり強化措置をとった日本は、対北制裁に言及している
「制裁の維持」を叫ぶ米国の介入を遅らせることが目的ではと韓国政府関係者
日米韓の安保協力体制に悪影響を及ぼすとして韓国内で懸念の声もあるという

********

輸出優遇除外:韓国が米国にSOS、日本が事前に遮断か

********

韓日軍事情報包括保護協定も廃棄の危機

 韓国政府の内外では、
日本からの攻勢が経済だけにとどまらず、
「韓米日三角安保協力体制」への悪影響など、

安全保障問題での懸念も高まっている。


Sponsored Links


とりわけ米国が神経をとがらせる
「対北朝鮮制裁」
に日本が言及したことが注目されているようだ。

韓国政府の内外からは
「韓国が米国に仲裁を求める動きを示したため、
日本がこれを事前に遮断しようと先手を打った」との見方もある。

 ある外交筋は
「今回の問題は基本的に韓日間の貿易における対立であるため、

米国は仲裁に消極的だったと聞いている」
とした上で
「しかし(米国は)韓米日安保協力に亀裂を生じさせたくないので、
問題が大きくなれば米国が介入する可能性が高まる」

との見方を示した。

トランプ政権はこれまで
「韓米日関係の強化が必要」
とする原則的な考えを示すだけで、
直接的な介入は避けてきた。

つづき「本文」へ


Sponsored Links


本文

Share Button