韓国保守政党の前代表が講演「日本は協力対象であり排斥対象ではない」

韓国保守党の自由韓国党の前代表が10日、大学生を対象にした特別講演に登壇
日本経済の規模は自国の3倍以上あり、「排斥の対象でない」と強調した
「今、日本に報復すればIMF以上の大混乱をもたらしうる」と話した

*****

自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)前代表が10日、
大学生を対象にした特別講演で

「今、日本に報復すればIMF以上の大混乱をもたらし得る」として「感情的に対応してはならない。それは国を運営する人の姿勢ではない」と話した。

洪前代表はこの日、
国会議員会館で開かれた「大学生リーダーシップアカデミー特講-青年が
尋ね洪が答える」で

「数日か前に松坡(ソンパ)地方区のある議員が抗日運動をすると言うことを聞いてびっくりした」としてこのように話した。


Sponsored Links


洪前代表は「今が旧韓末でもなく、
衛正斥邪運動をするのか」として「日本経済(規模)がわが
国の3倍以上だ。

協力対象であり排斥の対象でない」と強調した。

彼は「過ぎ去った歴史はわれわれが覚えるだけで、
再発しないようにすれば良いことであり、
それを未来につなげてはならない」とし、

「国際関係に個人的な感情を前面に出す時ではない」と強調した。

つづき「本文」へ


Sponsored Links


本文

Share Button