文在寅が大失態…! 韓国はここからさらに「窮地」に追いこまれる

文在寅政権はバカげている
 日本政府は、8月2日の閣議で韓国を
「ホワイト国」から外す決定を行う見通しだ。

 現実にはその3週間後に決定が施行されるが、
これに先立って、

韓国の李洛淵首相は日本に対して外交的解決を求めるとともに、
「予期せぬ事態」となる可能性を指摘。

また、韓国の康京和外相は河野太郎外相との電話会談で、
日本の輸出管理の運用見直しを撤回するよう求めている。

これまで韓国は、日本に運用の見直しの撤回を求め、
それを国際社会に訴えるだけで、この問題と真剣に取り組もうとしていない。
そこにあるのは、文在寅政権の政策運営に見られるバカげた特質である。


Sponsored Links


 文政権の政策運営の特質は、(1)現実無視、(2)国益無視、
(3)二枚舌、二重基準(4)誤りを認めず謝罪しない、(5)無為無策である。
それは日韓関係に限らず、政治、経済、外交、日韓関係全てに共通するものである。

 韓国が、日本の輸出管理の運用問題にいかに向き合ってきたかは、
文在寅政権の特質が顕著に表れた事例といえる(拙書『文在寅という災厄』ご参照)。

 日本では、日韓関係がこれまでこじれてきたのを対話に
よって解決すべきとする有力な意見がある。
外交の大原則は交渉による解決であり、私もその意見には反対ではない。

しかし

>>>


Sponsored Links


本文へ

Share Button