酒井法子が中国での活動に嫌気か「国内で女優として頑張りたい」

酒井法子が中国での活動に嫌気か
「国内で女優として頑張りたい」

*****************

1990年代から進出していた中国語圏で人気を誇る酒井法子を週刊新潮が報じた
酒井は現在、中国での活動に嫌気が差しているとサポートしている社長は語る
国内で女優として頑張りたいそうだが、スポンサーが集まらないのだという

*****************

十年一昔とはならない事情に苛まれている。

あの薬物事件から10年が経った酒井法子(48)は、
中国でのフィーバーとは裏腹に日本での苦境が続く。

その状況で彼女が新たなタニマチ社長に漏らしていたのは、
マンモスかなピー本音だったそうで……。


Sponsored Links


 1990年代から進出していた中国語圏で、
彼女の人気は相変わらずである。

昨年、香港で開かれたコンサートは3日でチケットが完売し、
さらに今年も、と中国事情に詳しいライターの西谷格氏が言う。

「現地メディアでは彼女のことを“女神”と呼称していて、
7月13日には、

再び香港の九龍湾国際展貿センターで音楽イベントが
開かれたと報じています。

肩を露出した黄色いワンピースで2曲を披露。
さらにファンを舞台に招いてゲームをするなど、
大盛況でした」

>>>>>


Sponsored Links


出典:https://news.livedoor.com/article/detail/16877135/

Share Button
この記事が気に入ったら『いいね!』してね