「日本が好きでも公の場で擁護できない」韓国人が抱える対日感情

「日本が好きでも公の場で擁護できない」韓国人が抱える対日感情

*******************

朝日新聞前ソウル支局長が、韓国人が抱える対日感情について持論を述べた
日本のことは好きだが公の場で擁護することは難しいという人もいると説明
第2次大戦直後に反日教育を受けた世代がまだ影響力を持っているとも

*******************

元徴用工訴訟や日本政府による対韓輸出規制の強化で
日韓関係は極度に緊張している。
トランプ米政権が日韓双方に自制を求める動きをしていたことが明らかになったばかりだ。

 なぜここまで日韓は分かり合えないのか、
なぜ韓国は約束を「反故」にするのか、
2019年4月に二度目のソウル勤務を終えて
帰国した朝日新聞前ソウル支局長の牧野愛博さん(現・編集委員)が、

そうした疑問に答えるように書き下ろしたのが、本書『ルポ「断絶」の日韓』(朝日新書)である。


Sponsored Links


実は日本好きな韓国人
 朝日新聞の韓国報道というと色眼鏡で見られがちだが、
牧野さんの韓国発の記事は出色だったというのは、

永田町・霞が関・マスコミでの定評だろう。

これまでに文藝春秋や講談社からも著書を出している。

イデオロギー的なバイアスがかかっておらず、
韓国の人々の息づかいが感じられるし、何よりもシークレットなソースによる「スクープ」も目立っていた。

社会部、国際報道部(外報部・外信部)系のソウル特派員が多い中で、牧野さんは政治部出身。

各社とも明らかに韓国・朝鮮へのシンパンシーが過剰と思える記者や帰国後、鬼の首を取ったようにかの国をこき下ろし、


Sponsored Links


本を粗製乱造する記者もいる中で、
冷静に中庸ともいえるスタンスを貫いてきたといえるのではないか。
出典:https://news.livedoor.com/article/detail/16877572/

Share Button
この記事が気に入ったら『いいね!』してね