弁当のほっともっと、190店を閉店へ 赤字転落見込み

持ち帰り弁当店「ほっともっと」
を展開するプレナス(福岡市)は9日、
全国の直営店190店を9月以降に閉店すると発表した。


人手不足による人件費高騰で
店舗の運営費が上昇しており、
不採算店を中心に閉めて構造改革を急ぐ。

プレナスは7月末現在、
「ほっともっと」を全国で計2731店運営している。
このうち直営店は911店舗で、
閉店対象は約2割に上る。

同社はこれまで直営店運営から、
別のオーナーが運営を担う加盟店化を進めてきたが、
採算がとれない店では加盟店化することが難しいと判断した。


Sponsored Links


閉店に関する費用計9億5千万円を
販売管理費に追加計上するとして同日、
2020年2月期決算の業績予想を下方修正した。

純損益は当初計画の2億4千万円の黒字から、
8億3千万円の赤字に転落する見通し。

通期の赤字は2年連続となる。
売上高も当初計画の1592億円から、
1533億円に下方修正した。


Sponsored Links


ニュースソース:
https://news.livedoor.com/article/detail/16906331/

Share Button
この記事が気に入ったら『いいね!』してね