N国・立花党首、マツコ&MXに毎週月曜突撃宣言「謝罪するまで毎週お邪魔する」

ネットの声「自党を批判・揶揄されただけで、
生放送中のテレビ局を「襲撃」し、
「マツコ・デラックスをぶっ壊す!」など
約1時間にわたって抗議演説を繰り返す。

現場は騒然とし、警備員・警察官とにらみ合い…。
100歩譲って個人ならわかる。
しかし立花党首は歴とした参議院議員であり、公党の党首なのである。
「良識の府」参議院の議員がやることではない。

このようなことを許せば、
国会議員による言論弾圧がこの後も容認されることになる。

N国党も立花党首も、今回の「MX襲撃」で明らかに一線を越えた。
スポーツ新聞は、面白がって「対決」の構造に落とし込もうとしているが、
これは「対決」などではなく、
公人による一方的な恫喝と言論封殺という前代未聞の暴挙である。」


Sponsored Links


「批判されただけで
その人を潰しにいくんだ。
国会議員として情けないな。
なんで批判されたのか考えることは
できないのかな。」
>>>

7月の参院選で初議席を得た「NHKから国民を守る党」(N国党)の立花孝志党首(51)が13日、東京都内で行った国政政党設立会見で、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・0)でタレント、マツコ・デラックス(46)が同党に対して発言した内容を改めて非難した。前日12日に同番組を生放送中だった同局を電撃訪問したが「MXさんが謝罪するまで、毎週お邪魔する」と今後も“突撃デモ”を止めないことを宣言した。

謝るまで止めない。立花党首が、マツコとMXテレビに対する徹底抗戦を宣言した。

「来週以降も、確実に毎週月曜日の5時にMXさんにお邪魔する。有権者をばかにする発言は公共の電波を使って行うべきものではない」


Sponsored Links


この日はN国党が国政政党として設立されたことを正式に発表した。その席で、立花氏は「何らかの説明、謝罪が出てくるまでは有権者と一緒にMXに行きたい」と強調。同席した丸山穂高衆院議員(35)も「番組に立花党首を呼べということ」と付け加えた。
参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00000025-sanspo-ent.view-000

Share Button