星稜投手に異変、一杯のスポドリ届けたのは…観客が拍手

星稜投手に異変、一杯のスポドリ届けたのは…観客が拍手
****************
(18日、高校野球 星稜17―1仙台育英)

阪神甲子園球場で開かれている
第101回全国高校野球選手権大会の熱戦のさなか、
心温まる場面があった。

【写真】星稜―仙台育英 七回裏、星稜の投手荻原(右)に
飲み物を手渡す仙台育英の小濃(9)=長島一浩撮影

18日にあった準々決勝第3試合、
星稜(石川)―仙台育英(宮城)の七回裏。

仙台育英の攻撃中、星稜の先発・荻原の右手がつりかけた。
仙台育英の4番打者・小濃は、荻原の小さな異変を感じ取ると、
自分が飲もうと思っていたスポーツドリンクのコップを


Sponsored Links


持ってすぐにベンチを飛び出し、
2年生右腕のもとへ駆け寄った。
「けがしたらダメだよ。
これ飲めよ」と荻原に声をかけた。

このとき、仙台育英は1―9でリードされていた。
小濃は「これまで自分たちが死球を受けたときも(相手に)
コールドスプレーをかけてもらっていた。

自分たちもそういう場面が来たら、
何かしなくちゃと思っていた」と振り返った。

仙台育英の須江監督は「気がついたら小濃が行っていた。
日頃からグラウンドに敵はいないと教えています」。

>>>


Sponsored Links


出典:YahooJP

Share Button