「河野外相の一喝に胸のすく思いがした」筆者が称賛

「河野外相の一喝に胸のすく思いがした」筆者が称賛
****************

韓国との協議で大使に「無礼だ」と叱責した河野外相を、筆者が称賛している
日本外交は今まで、型通りの文句を言うケチなやり取りばかりだったと指摘
筋の通らない韓国の主張への一喝は、「胸がすく思いがした」と綴った

****************

河野太郎外相が韓国の南官杓大使を外務省に呼んで「ホワイト国」問題を協議した際、声を大きくして「きわめて無礼だ」と叱責したのには胸がすいた。相手の出してきた妥協案はすでに何度も日本が断った案だったからだという。

その後、河野氏の発言を話題にする人に多く会ったが、皆が皆「久しぶりにすっとした」という人ばかりだった。

ところが朝日新聞(8月8日)に見解を述べた美根慶樹平和外交研究所代表は「こんな振る舞いをすれば、韓国国民は自分たちの代表が侮辱されたと受け取り、反日ナショナリズムに油を注ぐことになりかねない」と批判しているのである。


Sponsored Links


「外交は主権国家同士の対等な付き合いが大原則」だという。美根氏は私もかねてより、よく知った立派な外交官である。

日本外交はくだらないことで呼びつけて型通りの文句を言うケチなやり取りばかりだった。一連の韓国側発言、行動は韓国側に全く理のないものばかりだ。

ケンカを売って、国内で反日運動の手掛かりにしようというケチな根性が丸見えだ。だからこそ河野氏の一喝でほとんどの日本人が気分を良くしたのである。

美根氏は外務省の主流を歩いた有能な外交官だが、
皆が皆こういう考え方をするのか。

安倍政権になって韓国から元慰安婦に慰安金を払えという話が持ち上がった。
安倍首相が朴槿恵前大統領との間で「10億円を出す」からこれで「最終的かつ不可逆的解決にする」との約束をとった。

ところが文在寅大統領になると「これをチャラにして交渉をやり直す」というのである。国際協定並みの約束をしたのちに、ひっくり返してやり直す」という元首がどこにいるのか >>>


Sponsored Links


出典:https://blogos.com/article/398676/

Share Button
この記事が気に入ったら『いいね!』してね