末期がんになって気づいたことがある 「余命1カ月」の男性が、世を去る4日前に遺した言葉

****************
末期がんになって気づいたことがある 「余命1カ月」の男性が、世を去る4日前に遺した言葉
****************

「余命1カ月」。今夏、そう医師から宣告を受けた千葉県船橋市の男性がいる。
「残された日々とどう向きあえばいいのか知りたい」。
しかし、がんを克服した人の話は多々あれど、
死を覚悟した人が必要とする情報がほとんどない。

「治らないがんもあるのに」。
やせ細った体から言葉を絞り出して話す男性が、
自身の命をかけて取材に応じ、死と向きあう心のうちを明かした。(山本大輔)

【写真】生前の田端健太郎さん、一人娘とのツーショット

「治らない人のための情報」がない
東京で医療機器関係の仕事をしている田端健太郎さん(46)。
8月27日、医師から「余命1カ月」と告げられた。
約1年に及ぶ腎臓がんとの闘病生活の末、
すでに緩和ケアに移行し自宅療養をしていた。
余命が短いことは感覚的に分かっていた。
取材を受け入れたのは翌28日。それには理由があった。


Sponsored Links


「残り1カ月となると、みんなそれを口にするのもためらう。
だから情報がない。僕自身、どう受け止めたらいいのか知りたくて調べたけど全然ない。
あのね、ここが伝えたいポイントだと思っているんだけど、治らないがんと治るがんがある。
どんなに医療が発達しても治らない。治る人ばかり脚光を浴びるけど、治らない人もいるのです」

「タバケン」の愛称で親しまれる田端さんの腎臓に腫瘍が見つかったのは、昨年の夏。
7月24日に突然、血尿が出て、数日後に発熱したため病院で検査を受けた結果の発覚だった。
すでにステージ4。リンパにも転移していた。

この日、フェイスブックで自ら報告をしている。

***>>>


Sponsored Links


出典:***

Share Button
この記事が気に入ったら『いいね!』してね