世界ランク1位もマナーが悪い? 審判員が侍JAPAN戦士に指摘

****************
世界ランク1位もマナーが悪い? 審判員が侍JAPAN戦士に指摘
****************

世界ランク1位の侍JAPANだが、他国からはマナーが悪いと言われているという
捕手のミットずらしは、審判を騙そうとする意思表示だと捉えられるそう
試合後の抗議もマナー違反で、文句を言うのは審判への敬意がないとのこと

****************

一塁コーチャーの「セーフ」「捕手のミットずらし」
「試合後の抗議」審判員を30年務めた山崎夏生氏が指摘するポイント
 1982年からパ・リーグの審判員を務めた山崎夏生さんは、
2018年に審判技術指導員を退職した後、
審判の権威向上を目指して講演や執筆活動を行っている。
今回は審判員から見た国際大会のマナーや誤審問題について解説。
日本は「マナーが悪い」と言われているという。その理由は……?

 国際大会の歴史にも、審判の存在が印象強い大会もあります。
2006年のWBCのボブ・デービットソンさん。日本でも有名な審判です。

「世紀の大誤審」と言われた騒動は2次リーグ初戦の米国との一戦で起きました。
3-3の8回1死満塁。岩村明憲選手の左飛で、三塁走者の西岡剛選手がタッチアップし、
生還しました。


Sponsored Links


しかし、米国代表・マルティネス監督が、
離塁が早いと抗議し、判定が覆りました。

 審判の立場から言わせていただくと、
日本のチームを応援したいけれど、非難する気持ちにならなかったです。

それも野球のうちなんだと。もちろん、なぜ、あれが(離塁が)早く見えたのかな? という素朴な疑問はありましたが……。

また、米国の監督が抗議に言っていますが、ジャッジは塁審が下すべきじゃなく、球審がやるべきところ。

だけど、責任審判の名のもとに彼がひっくり返してしまった。本来は球審がやるべきジャッジを塁審がやってしまったからです。審判3人がアメリカ人で、1人がオーストラリア人だったこともシステム上、大きな問題だったと思っています。

****>>>>


Sponsored Links


出典:*****

Share Button
この記事が気に入ったら『いいね!』してね