韓国大統領府が日本語サイト、韓国の主張を全て日本語で

**********
韓国大統領府が日本語サイト、韓国の主張を全て日本語で

**ネットの声***

「大統領府が作成したHPを見ました。日本政府ではなく日本国民に対するアピールのために作成したようですが、日本人には読みづらい構成ですね。

日本と韓国とのPRの闘いは、実は日本が優勢です。かつて竹島の領有について、日韓がそれぞれが主張に関する動画を作成しましたが、日本の動画の方が再生回数が多かったのです。

この時、日本は英語など数か国語のものを作成しました。今回も国際的に日本の立場を主張すべく、ハングルに限らず英語などのバージョンを作るべきでしょう。

韓国は貿易問題を安全保障問題(GSOMIA破棄決定)、環境問題(IAEAへの提訴)まで広げています。日本の立場をきちんと説明するためにも、正確で読みやすい広報活動は必要です。」


Sponsored Links


「日本も主張しないと駄目。主張しなければ例え韓国が悪くても海外は何も言わないのは認めていると勘違いしてしまう。」

****

輸出管理をめぐる日韓の対立が長引くなか、韓国大統領府は、韓国の主張を日本語でまとめた特設サイトを初めて開設しました。

 日本の輸出管理強化に反発する韓国大統領府が18日に開設した特設サイトには、韓国が主張する「日本の措置の問題点」や「韓国の立場」がすべて日本語で掲載されているほか、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の発言などが日本語の字幕付きで紹介されています。

 日本語特設サイトの開設は初めてで、韓国大統領府の関係者は、「日本の国民やメディアに我々の立場と対応を知らせることが重要だ」と説明。

 輸出管理問題をめぐって、WTO=世界貿易機関への提訴に踏み切った韓国としては、その主張を伝える姿勢を見せることで、今後の紛争解決プロセスで優位に立ちたいとの狙いもあるとみられます。(18日18:27)


Sponsored Links


出典:*****
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190918-00000103-jnn-int

Share Button