六本木デートは「調子乗ってる」?夫の地元友達の態度に衝撃

**六本木デートは「調子乗ってる」?夫の地元友達の態度に衝撃

夫の地元コミュニティの人々に初めて会う時には緊張したという人もいるのではないでしょうか?

 そんな時にお互いの価値観が大きくちがった場合には、手荒い洗礼を受けることも…。

 都内の某玩具メーカーで働くカエデさん(仮名・29歳)は、生まれも育ちも東京都。職場恋愛だったマコトさん(仮名・29歳)とは結婚して半年になります。

 お盆休みに、夫婦でマコトさんの実家のある山形県を訪ねたときのこと、カエデさんは大きなカルチャー・ショックを受けたのでした。

◆夫の中学時代の同級生たちと飲むことに


Sponsored Links


 カエデさんにとって山形県は、結婚の挨拶に続きこれが2回目。山間にあるマコトさんの実家は、前回同様温かく迎えてくれました。お墓参りなどを済ませて実家で過ごしていると、マコトさんのスマホが鳴りました。

 電話の主は地元に住む中学時代の同級生で、どこから聞きつけたのか、マコトさんが夫婦で帰郷していることを知っていたのです。その情報網の早さにカエデさんが驚くと、マコトさんは「よくあること」と笑いながら、

「今夜、中学の同級生たちが集まって飲むから、奥さんと一緒に来ないかってさ。もしよかったら、カエデのことみんなに紹介したいなと思うんだけど、どうする?」

 出席者は県内に住む人たちばかりで、マコトさんも久しく会っていないとのこと。同級生に紹介してもらえることを嬉しく感じたカエデさんは、マコトさんの提案を快諾しました。

 地元の居酒屋には、すでに男女計8人が集まっていました。カエデさん夫婦が到着すると、久しぶりの再会と結婚の祝福で、一気に場はにぎやかに。けれどもカエデさんの挨拶に対しては、女性陣の反応は極めて薄いものでした。

続き本文へ***>>>


Sponsored Links


出典:*****
https://news.livedoor.com/article/detail/17244817/

Share Button

この記事が気に入ったら『いいね!』してね