日本より中国の方が安心。上海在住日本人が漏らす日本への危機感

+++++++
日本より中国の方が安心。上海在住日本人が漏らす日本への危機感
+++++++

「これから1~2週間が急速な拡大に進むか収束できるかの瀬戸際となる」と、

政府が異例の「小中高臨時休校」の要請を出し、
イベントの中止・延期も多く見られるようになった日本。新型コロナウイルスの感染拡大防止にようやく動き出した感がありますが、中国・上海では今どのような状況のでしょうか。

今回の無料メルマガ『上海からお届け! 簡単3分、写真で覚える生活中国語』では上海在住の日本人著者のジンダオさんが、
現在の上海の様子と、日本のあまりの対応の遅さに思わず「中国のほうが安心」
と呟いています。
ついに小区で体温検査実施!意外と安全な上海と危うい日本

前回の記事から1週間が経ちました。中国より日本に大きく変化が生じているように感じます。私の身の回りで起きた動きも含めて今回は紹介したいと思います。

2月28日深夜、小雨。
自宅待機は1ヶ月超え。在宅勤務が始まって2週間という感じですが、日本との打ち合わせ準備や、現地で進めていたプロジェクトの準備など出来ることを進めている、という感じです。

湖北省武漢の工場が3月中旬を
目処に稼働する可能性もある、と情報も聞いたのですが、臨機応変に変わるので状況を見守るばかりです。


Sponsored Links


小区で新しく始まった取り組み

週イチの買い出しを終えて自宅がある小区に戻ってくるとオバサマが近寄ってきてピッ。体温チェック体制が整い、小区に戻ってきた住民にチェックを開始。

上海でも他の場所では始まっていたと聞いていた取り組みなのですが、我が小区でも開始。
正直万に一つだと思うんです。

高熱の人って。
だけども目に見えないから、何とかして見える形で予防線を張ろうと取り組んでいます。

届いた宅配便用に机の準備も。
もちろんすべて置けません。荷物の受け取り間違いの可能性も考え、届いた荷物にマジックで大きく住所情報を追加で書き加えたりと、管理部で対応をしています。

続き本文へ>>>


Sponsored Links


出典:https://gunosy.com/articles/aapbN

Share Button